気になるのぼりの事

のぼりの製作ポイントや役割・機能について。風にはためくというのぼり独自の性質から得られる効果についても紹介します。

RSS 2.0

のぼりの製作期間や適切な本数、製作時の注意事項まとめ

のぼりの製作期間や本数と言っても、規模によって異なります。

中規模の公民館を参考に、概要・注意事項を含めお話しましょう。

■中規模公民館、最大本数で40本程度。

「1000人収容の会場前ののぼり」ということは、中規模の公民館と同等の規模ですから、それをベースに考えると、ホール入り口前に10本から20本。

ホール入り口までにアプローチがあって、アプローチの両サイドにのぼりを立てられる場合には、エントランスまでの距離を測ってください。

片側10本として両サイドで20本。

エントランス部分ののぼりとあわせると、マックスで40本ということになります。

■データのあり方によって異なる製作期間。

製作期間はデータの有無、校正出しを何回行なうかによって違います。

パソコンでのぼりのデザインを行なうのであれば、それを持参しましょう。

校正出しの回数が増えて期間(日数)が余計にかかる原因は、複雑な画像や写真の色味にあります。

それを避けるには、シンプルな画像で単純な色ののぼりにデザインすることです。

のぼりに使うデザインや文字が複雑になるほど日数がかかります。

■パソコンに不慣れならデザイン画やスケッチでも十分です。

10日間程度のスケジュールは最低限必要です。

こだわりのあるのぼりなら10日間、単純なのぼりなら翌日にでも持って帰れます。

スケジュールにはのぼり店の都合もあり、繁忙期には普通でも1週間はかかります。

のぼりの概要や納期などを事前に確認しておきましょう。

スケッチがあれば、それを持参した方が早い場合もあります。

OFF
admin01