気になるのぼりの事

のぼりの製作ポイントや役割・機能について。風にはためくというのぼり独自の性質から得られる効果についても紹介します。

RSS 2.0

のぼりの効果的な活用方法とは?ずっと同じでも問題は無い?

のぼりは店頭に設置しただけで店まわりが賑やかになり、客足が店内に向かう効果があります。

特徴や機能などから、製作のサイクルについてもお話ししてみましょう。

■のぼりが果たす3つの役割、店主のやる気。

のぼりの役割はいくつかあります。

1つは店頭での賑わい・活性化をお客様にみせることです。

2つ目はお店の目玉、売り物の旬を知らせることです。

キャンペーンやセールの催事・告知を行なうことです。

3つ目は、お客様を店内に導く誘導係としての役割です。

店に賑わいや活気があって、店主のやる気が伝わってくるような店であれば、客足は自然と店内に向きます。

■旬な素材を使った新作で最低でも年4回。

日本には季節があり、季節ごとに旬があります。

洋菓子でも和菓子でも、旬の素材を使った新作は欠かせないものとなっています。

つまりそれを告知するのぼりも、最低でも4回は作り替えられるのが当たり前と言えます。

のぼりのコストは非常に安く、既製デザインのぼりなどを使えば手間もかかりません。

お客様にPRできる省コストなツールですので、ぜひ検討してみてください。

■年に4回ののぼり作製を前提にして、洋菓子店ならではのオリジナリティあふれるシリーズを考えてみましょう。

のぼりは縦長でスペースが限られています。

入れたい要素を絞り込んで、季節ごとの旬な素材画像と商品名、売り出しの期間、シズル感のあるキャッチフレーズなどで構成すれば、ベースとなるのぼりのデザインは共通で通年使用できます。

OFF
admin01